iPhoneでありがちな事故!その時にまずは何をする?

アスファルトやコンクリートの上に落としてしまったら

iPhoneを利用していると起こりやすいトラブルがいくつかあります。たとえば、どのようなものがあるのかというと、まず落下事故です。iPhoneを手に持っているとき、なんらかの拍子に地面に落としてしまい、破損させてしまうというトラブルで、壊れ方によっては修理に出さないといけません。
では、iPhoneをコンクリートやアスファルトの上に落としてしまった場合、どういった対処を取ればいいのでしょうか。まず、ガラスが割れていないか確認しましょう。少しひびが入っているぐらいで、液晶表示も正常であればそのまま使い続けることができますが、蜘蛛の巣状に激しくひびが入っているような場合はガラスの交換修理をした方がいいです。

水の上に落としたりジュースをかけてしまったら

iPhoneを水の中に落としてしまった、あるいは激しく濡らしてしまったというのもよくある事故です。この場合は、速やかな対処が求められます。まず、iPhoneの電源を落としましょう。特にトラブルは見当たらないからという理由で使い続けていると、水が少しずつ基板を濡らして、最終的にショートして使えなくなってしまうことがあるからです。
電源を落としたら、乾いている綺麗な布などで表面を吹きましょう。布がない場合はティッシュでも構いません。とにかく、表面から水分を取ってしまうことが重要です。
テーブルの上に置いていたiPhoneの上に、ジュースのような糖分を含むものをかけてしまった場合、吹き方が中途半端だとべとべとしてしまうので、乾いたもので水分を拭き取ってから、ウェットティッシュでべとべとしているところを水拭きし、再度、乾いたもので拭くといいでしょう。