いっそ機種変更してデータだけでも取り出そう!

メーカーにiPhoneの修理を依頼すると交換になるかも

なんらかの理由で毎日使っていたiPhoneが壊れ、電源ボタンを押してもなんの反応もないという場合、大抵の人は修理に出すことを検討することになるでしょう。ただ、メーカーに修理を依頼した場合、本体の壊れた部分を直して返送してくるのではなく、壊れたものと交換で新しいものを送ってくる可能性があります。つまり、使っていたiPhoneとは別のiPhoneを送ってくるということです。
メーカーは、壊れたiPhoneからデータを取り出して、新しいiPhoneに移してくれるというサービスは行わないので、交換対応になったら元々のiPhoneに入っていたデータを取り戻すことはできません。バックアップしていなかった場合、完全に失われることになります。

修理業者にデータを取り出してもらって本体は機種変で新しくする

データが消えてしまうのは困るし、iPhoneが戻らないのも困るという場合、まず、修理業者に壊れたiPhoneからデータを取り出してもらう作業を依頼し、それとは別に、携帯電話会社に対して機種変の申し込みを行い、新しいiPhoneを入手するという方法があります。
壊れたiPhoneから取り出したデータを、新しく入手ししたiPhoneに移すというのは、基本的にメーカーのソフトウェアを利用して問題なくできます。
ただ、修理業者が壊れたiPhoneから100パーセント、データを取り出せるとは限りません。たとえば、落とした衝撃でフラッシュメモリが物理的に破損していたら、ほぼ絶望的です。なので、いざというときに困らないように、定期的にバックアップを取っておくようにしましょう。

間違って落としてiPhoneが水没した時は、購入から1年たっていなければ保証書と一緒に持って行くと安くなったりします。